Home » その他 » 「ほんの木」引っ越し「泣き笑い」

「ほんの木」引っ越し「泣き笑い」

category : その他 2014年1月24日 

人間、迷ってはダメ?!

ほんの木引っ越し思いつくままに、反省をこめて七転八倒(笑)の引っ越しへの約2か月をメモします。笑って下さい初笑い。(当方は苦笑)
三錦ビル、懐かしい天井の高い杉板張りの1F、小さく区切られた2~4F。居心地のよいオフィスも、所有会社の都合で人手に渡ることとなり、やむなく「ほんの木」他、新オフィス探しを開始したのが10月初旬。
安い家賃でお客様にご迷惑にならないよう、電話番号を変えないエリアでオフィスを探しました。帯に短し、たすきに長し。迷う時間もあまりなく、辿りついたのが、新オフィスの美土代ビルでした。空室の2部屋借りればやや広い。かつ倉庫使用も可能。しかし、家賃が高くなる。悩んでいる間に、23坪の小さな部屋が他社に決まり、残りの41坪をタイムリミットがきてとにかく借りました。三錦ビルの全室内を、片付け、箱につめ、廃棄物をトラック7回で搬出し、やっと間に合って、11月30日(土)に引っ越しました。
が、ガビーン! 当日午後、荷物が入らないことが発覚。什器でオフィスが一杯。ダンボールの約30%くらいが引っ越せず、とんだ計算ちがいで冷や汗に。立ちのきは迫る、で、倉庫を探すことになりました。
運はそれでも「ほんの木」を見捨てなかった?(笑)何と新オフィスの美土代ビルの真隣りに18坪の倉庫利用にぴったりのフロアがあり、急拠契約に。12月21日に、運送会社に預かってもらっていたダンボール他一式を、全て運び入れました。結局、最初に迷ったことがアダに。正確に物量を確認し切れなかったことで、余計な出費を招きました。
でもお陰様で、総コストはやや下がり、整理整頓、30年近い在庫品や不要品の処分もでき、ひと足早い大掃除となりました。
しかし新オフィスは、中が迷路と呼ばれています。(笑)目の前のダンボールの解体や、倉庫への再移動は情け無や、年明けの初仕事になりそうです。(笑)

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2014 ほんの木 All Rights Reserved.