Home » スタッフの声 » とりあえず、遅くなりましたが、新春スタッフ・メッセージ

とりあえず、遅くなりましたが、新春スタッフ・メッセージ

category : スタッフの声 2014年1月24日 

ほんの木高橋顧客の皆様と感動をできる組織に
 今の時代、企業や組織はあり方そのものが問われています。優れた製品やサービスをご提供し続けてさえいれば組織は存続できるという考え方はもはや時代遅れです。これからの時代の組織は更に一歩進んで、あり方そのものが問われています。つまり、組織の存在そのものを顧客の皆様に共感していただくことができなければ、組織は存続できない時代だと思います。
 この時代の変化に遅れることなく、共感を絆に組織の壁を超え、顧客の皆様と共に価値を創造し、ともに感動することができるほんの木を2014年は目指してゆきたいと思います。昨年はたいへんお世話になりました。2014年も昨年同様何卒よろしくお願い申しあげます。高橋利直

ほんの木岡田まだ若い!チャンレンジあるのみ
 最近、生きる意味や存在価値を考えます。何のために生まれて、何をしてきたか、他の人の役に立つことはあったか、これから何ができるか? 自分なりに納得のいく人生にしていきたい、そんな年齢になったということでしょうか。やりたい時が適齢期! 悔いのないようにチャレンジしていきたいと思います。まだ若いし~♪(笑)
 お客様からは「いつもありがとうございます」とか「良い商品に巡り合えて助かっています」などひと言が書かれたファックスやお葉書の注文書を受け取ることが多々あります。「買う立場なのに、心のある、優しいお客様がなんて多いのかしら」と日々感謝しています。本年もどうぞよろしくお願い致します。岡田承子

 
ほんの木野今年は著者と社会の橋渡し役に
 現在「ワーカーズ・コレクティブ」と「ツボdeヘルスケア」の2冊の本の編集に携わっています。著者の方の本を出したいという意欲、そして培ってきた幅広い知識や経験など、1冊の本に込められるエネルギーの量に今更ながら驚き、背筋が伸びる毎日です。今年はこの2冊を無事完成させ、しっかりと売り、著者と社会の橋渡し役を果たしたいと思います。
 昨年皆様にお届けしたDMでは、「税別表記」や「割引ハガキの適用条件」などでわかりにくい表記がありご迷惑をおかけ致しました。毎号、より良いものを作ることを意識し、わかりやすく、役に立ち、更に読んで面白い情報をお届けできるよう努力致します。今年もよろしくお願い致します。野 洋介

ほんの木柴田次の新しい30年後の「ほんの木」のために
 当社もあと丸2年で30周年。企業が生まれて終わりを迎えるのは平均30年だそうです。2014年は、次の世代の新しい30年へ向けての助走期間にしたい、と今、考えています。そのため新しいビジネス・モデル、つまり経済基盤を固める一年にしたい、それが私の抱負と役目です。
 後継者、後輩スタッフが長く、必要な範囲で食べて行き、社会にも貢献し、特にお客様に喜ばれる、そんな事業に挑戦したいのです。
 また、自費出版、特に社会的に有効・有益な本を書店等で売る。働いて楽しい仕事環境も重視し、お客様、読者に役に立つ成果を発揮したいとも考えます。何より、巨大地震も起こりうる時代、お客様とスタッフの健康と生命を大切に考えたいと願っています。柴田敬三

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2014 ほんの木 All Rights Reserved.