Home » スタッフの声 » 私の夏の生活術

私の夏の生活術

category : スタッフの声 2013年8月12日 

真夏の夜にぐっすり眠る方法        高橋利直
ほんの木高橋気温30度、湿度70%以上。こんな夜が続くと寝苦しく、翌日も疲れが取れずに夏バテスパイラルに陥ってしまいます。こんなときは「夜寝る前には副交感神経を優位にして、交感神経を優位にすることは翌朝起きてからやる」ようにすると睡眠の質がぐ〜っと高まります。例えば、夜はテレビを消し、洗濯や食器洗いは朝起きてから…。これだけでもぐっすり眠れて効果ありますよ。

夏ヤセという言葉に無縁な私         岡田承子
ほんの木岡田幸運にも胃腸が丈夫で、私には「夏バテ」なんて言葉は無縁です。シーズンを問わずいつでも、美味しいお酒と美味しい料理(自分で作る手料理以外!)があれば、幸せなひと時を過ごせます。夏は特に生ビールで疲れも吹き飛んじゃいます♪ しかし、そのため、不幸にも「夏ヤセ」なんて言葉も無縁。年がら年中体重計とにらめっこ。何を食べても飲んでも体重に影響無し☆ ナンテ体にならないかなぁ…ため息。

夏の醍醐味は手間をかけてこそ      野 洋介
ほんの木野「最高の一杯」を求めてあえて一汗かくのが私流。自宅から15キロ離れた埼玉県上尾市の「榎本牧場」目指してサイクリング。ここで濃厚な手作りジェラートを頂いて折り返し。さいたま市西大宮にある「清河寺温泉」で汗と疲れを解消し帰宅。クーラーを入れ、良く冷えたビールをグラスに丁寧に注ぎ、それを口にする瞬間こそが私にとっての「夏の醍醐味」です。仕事も楽しみも手間をかけてこそですよね?

猛暑、熱中症と私の自然療法は?             柴田敬三
ほんの木柴田私の夏は仕事中も1日3〜5回服を着替えます。超汗かき人間のため。(そのせいで冷や汗も恥もかきっ放し)(笑)
ジーンズ等も下着扱い、毎日洗濯。夜もクーラー無しで汗かき睡眠、シャツ取り替え。おまけに塩をふったスイカが大好物。熱中症対策、その①汗をかく。②スイカがよいとの話もあり、気づくと知らずに自然療法をやってました。

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2013 ほんの木 All Rights Reserved.