Home » スタッフの声 » 2013年の抱負

2013年の抱負

category : スタッフの声 2013年1月25日 

「どんなに確かな仕事をしても、正しいことをしても、相手が不信感を持っている場合、すべてが否定されてしまう」。昨年、何度かこんな残念な体験をしました。「自分の意見を述べる前に相手の気持を察してみる、たとえ親切心からでも押し付けや高圧的な態度は取らない」ということを肝に命じ、「より一層の信頼を得る」ことが今年いちばんの抱負です。(高橋)

ズバリ、『磨く』です。埃の溜まりつつある我が家、カチカチに固まりつつある頭、ぷよぷよと弛みつつある体… ;) 今までずっと見ない振りをして怠っていたので、今年は一念発起して(とまでは言えませんが)、自分自身を内面から変えていけるよう小さな努力を重ねていきたいと思っています。一年経った時に少しでも輝きを放つことができるように♪(岡田)

「走る哲学者」こと元ハードル選手の為末大さんのtwitterをチェックするのが日課です。同い年とは思えない深い知性に圧倒されます。中でも印象深かったのが「自分が幸せになる為に人を幸せにしている事と、人の評価を得る為に人を喜ばせる事は違う」という彼の言葉。この言葉とともに自分の日々の仕事や行動を問い直す一年にしたいと思います。(野)

「ほんの木」の事業の回復が第一。何よりこの2年の低落傾向にストップを、で必死! 次の世代への30年をめがけ、安全、安心な企業に作り変える一年にしたいのです。(お客様、よろしくご支援を!)もちろん何よりも、お客様にとってこの一年が素晴しい年になりますよう願っています。おまけに、スタッフ全員とその家族の健康、幸せ、笑顔が広がる毎日になればいいな、とも。(柴田)

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2013 ほんの木 All Rights Reserved.