Home » お知らせ, 商品ご紹介 » ぜひ皆さまの身の回りの 放射線量を共有しましょう

ぜひ皆さまの身の回りの 放射線量を共有しましょう

category : お知らせ, 商品ご紹介 2013年3月18日 

家庭用放射線測定器 エアカウンターS

家庭用放射線測定器 エアカウンターS

ぜひ皆さまの身の回りの放射線量を共有しましょう

ほんの木では、「家庭用放射線測定器 エアカウンターS」をご購入頂いたお客様からの、放射線量情報をお待ちしております。頂戴した情報をまとめ、ホームページでの公開も計画しています。お名前、お電話番号、測定場所を下記までお寄せ下さい。(地面から1mで計測)
(株)ほんの木
電話 03-3291-3011 / ファックス 03-3291-3030
メール info@honnoki.co.jp

新聞などで公表されている放射線量は、地表の影響を避ける為に高い位置で測定されていたりします。生活空間の線量は自分の目が一番。家族の安心・安全のために、身の回りの線量を自分で定期的に測定してはいかがでしょう。また、普段の放射線量を知っておくことは、地震の後や、原発事故など「いざ」という時の備えとして重要な情報になります。
「家庭での放射線量測定を習慣に」 これからの時代に向けたほんの木の提案です。

ほんの木(東京都千代田区)でも計測してみました(計測日:2013年2月13日14時)

①玄関前

玄関前

玄関前

0.12μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)
放射性物質はホコリやチリのように溜まります。玄関前は比較的高い数値がでやすいようです。

 
 
 
 
 
 

②室内

室内

室内

0.08μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)
ビルの3階で計測。日中一番長く過ごす場所だけに、数値がもっとも気になる場所です。

 
 
 
 
 
 

③屋上

屋上

屋上

0.06μSv/h(マイクロシーベルト/毎時)
ビルの5階に相当する屋上。風通しが良いからか、今回の計測で一番低い数値が出ました。

 
 
 
 
 
 
 

【放射線量の目安について】
国際放射線防護委員会は、人が一年間に浴びる放射線量の限度を年間で1ミリシーベルト(1000マイクロシーベルト)以内と設定しています。(内部被曝と外部被曝の合算)
仮に、毎時0.05マイクロシーベルトの場所に1年間いた場合、0.05×24(時間)×365(日)=438マイクロシーベルトとなります。これに内部被曝を合計した数値が目安になります。

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2013 ほんの木 All Rights Reserved.