Home » 出版物のごあんない » 「原発をゼロにする33の方法」内容ご紹介

「原発をゼロにする33の方法」内容ご紹介

category : 出版物のごあんない 2013年3月28日 

原発をゼロにする33の方法

原発をゼロにする33の方法

※この記事は、転載・拡散 大歓迎です。また 記事上部の「いいね!」ボタンを押していただけるとうれしいです。つぶやきも大感激です。

 新刊「原発をゼロにする33の方法」送料無料でお届けします。

ご購入は ほんの木通販サイト「自然なくらし」からどうぞ

ゼロから廃炉へ!
何をどうすればいいの?

まずは自分運動、全国各地で同時多発アクションです。そうか、これなら私にもできるそんなアイデアが沢山あります。

PART1「原発をゼロにする33の方法」

福島の人々の心を私の中に受け止める。ボイコットのすすめ。原子力ムラの解体お手伝いします。
子どもたちに引き継ぐ原発いらない教育。団塊世代の皆様へ世直し始めませんか。など
●主な内容
* 福島の人々の心を 私の中に受け止める
* デモの届け方はコレ 全自治体で誰デモを
* 電力会社の専属議員 原発推進員を落す
* 原発の責任は自民党 なぜか追求が甘い!
* 福島原発告訴団 被害者、怒りの裁判
* 東電株主代表訴訟 大株主は原発推進派
* 原子力ムラの解体を お手伝いします
* 労働組合も原発推進 御用組合よ御用だ
* ボイコットのすすめ 原子力ムラ商品不買
* 脱原発企業の応援を 脱原発市民の責任で
* 使用済核燃料の処理 まだ先送りしますか
* 廃炉への自治体支援 雇用と地域経済対策
* 子どもたちへの継承 「原発いらない」教育
など計33のテーマ

Part2「闘う人々16名へのインタビュー」

自民党政権は、原発推進です。原発さえなければ、福島の人々は苦しみませんでした。
子どもたちと未来の世代のために、原発をゼロにし、廃炉へ ! わたしたちはそのためにこの本を作りました。

今井 一さん「国民投票/住民投票」情報室
今井 一さん
ジャーナリスト。[みんなで決めよう「原発」国民投票]事務局長。81年以降ソ連・東欧での現 地取材を重ね、バルト三国やロシアで実施された国民投票に触発されて直接民主制に目を向ける。96年からは日本各地で実施された住民投票を精力的に取材す ると同時に、スイス、フランスなどへ赴き、国民投票の実施実態を調査する。主な著書に『「原発」国民投票』(集英社新書)『「憲法9条」国民投票』(集英社新書)『住民投票』(岩波新書)など。

木村結さん東電株主代表訴訟 脱原発法制定全国ネットワーク
木村 結さん
1952 年、新潟県、東京電力・柏崎刈羽原発の隣町生まれ。小学生のころから「革命の時代に生まれたかった」と思う少女だった。大学では「百姓一揆」を専攻。「脱 原発・東電株主運動」世話人。ネコ3匹と同居。着物が大好き。特に大島紬。趣味は茶道、映画も大好き。趣味に生きることができる日を望みつつ、目下、現代 の「革命」とも言うべき脱原発に挑んでいる信念の人。

小島敏郎さん青山学院大学国際政治経済学部教授
小島敏郎さん
岐阜県多治 見市生まれ。愛知県立旭丘高・東京大学法学部卒業。環境庁入庁後、1994年〜97年水俣病の政治解決、1991年〜93年「環境基本法」、1997年〜 98年中央省庁再編・「環境省」創設、2003年~2008年には地球環境局長・地球環境審議官として地球的規模の環境政策に携わる。2009年4月から 青山学院教授。愛知県政策顧問・名古屋市政策アドバイザー。

原田裕史さん首都圏反原発連合
原田裕史さん
1967年生まれ。筑 波大学大学院修士課程修了(物理学専攻)。理工学修士。現在、コンピュタープログラマー。「核開発に反対する会」運営委員。たんぽぽ舎の「地震がよくわか る会」、「核開発に反対する会」に所属し、 地震による原発事故の危険性を訴え日本の核開発準備の危険を危惧する。共著に、『隠して核武装する日本』(核開発に反対する会/影書房)

伴 英幸さん原子力資料情報室
伴 英幸さん
共同代表、事務局長。1979年のスリーマイル島原発事故以来、原発問題に関心を持つ。以前の勤務先、生活協同組合でも原発問題に取り組む。1981年、勉強会講師に招き高木仁三郎さんと出会い、1986年のチェルノブイリ原発事故をきっかけに原子力資料情報室で働く。

原子力資料情報室スタッフ
吉岡香織さん
谷村暢子さん
松久保 肇さん

半澤彰浩さん柳下信宏さん生活クラブ生活共同組合
常務理事、総務部長。
半澤彰浩さん

常勤理事、政策調整部長。
柳下信宏さん

淵上太郎さん経産省テントひろば
淵上太郎さん
本 業は印刷業。福島原発事故が起きて以来、本業は開店休業のまま、脱原発、反原発運動に取り組む。2011年9月11日、福島原発事故緊急会議に集まる人々 を中心に、経産省包囲行動が成立したその日に建てられた「経産省前テントひろば」の代表を務める。当初、持続的・継続的な脱原発、反原発運動の一つの政治 的な拠点としての位置付けだったが、ここまで続くとは誰も予測していなかった。「9条改憲阻止の会」会員。

蛇石郁子さん福島原発告訴団
蛇石郁子さん
1952 年、福島県郡山市生まれ。橘小学校、郡山第三中学校、県立安積女子高等学校を経て、市内製薬会社に勤務。保育士(保母)の資格を得て、市内私立保育園に5 年。その後、日本生命保険会社にて外交員・育成センタートレーナーの経験を10年。2005年4月より郡山市議会議員。現在、3期目を務める。「みどりの 未来・ふくしま」代表、「虹とみどりの会」副代表。

保坂展人さん世田谷区長
保坂展人さん
1955年、宮城県仙台市生まれ。都立新宿高 校・定時制中退。中学在学時の政治活動の自由をめぐり「内申書裁判」の原告として16年間たたかう。1980年代から教育ジャーナリストとして活躍し、読 者の間から「元気印」という流行語を生むなど中高生から大きな支持を得る。1996年に衆議院議員初当選。2000年に再選するも03年に惜敗。05年衆 議院選挙・東京比例区で当選。2009年8月の衆議院選挙で議席を失うまで3期を務める。2011年4月の世田谷区長選で、立候補を求める市民の声を受け 社民党を離れて無所属で立候補し当選。

マエキタミヤコさんエネシフジャパン、「緑の日本」
マエキタミヤコさん
1963年、東京都生まれ。大 学卒業後、コピーライター、クリエイティブディレクターとして広告代理店に勤務。2002年に広告メディア・クリエイティブチーム「サステナ」を設立。現 在は雑誌『ecocolo(エココロ)』を通じて、エコ意識の拡大に努めるほか、「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表・幹事、「ほっとけない 世界のまずしさ~ホワイトバンド」2005年キャンペーン実行委員、「フードマイレージ」「エネシフジャパン」などのプロジェクトも進行中。慶応大学非常 勤講師、京都造形芸術大学、東北芸術工科大学客員教授。

松本 哉さん素人の乱
松本 哉さん
1974年、東京都生まれ。法政大学卒業。 在学中、「法政の貧乏くささを守る会」を結成。卒業後は、「貧乏人大反乱集団」を結成し、路上ゲリライベントなどを開催。現在、東京都杉並区高円寺でリサ イクルショップ「素人の乱」5号店店主。「あまり金をかけなくても楽しく生活できる」を信念に自ら実践しており、現在、世界のマヌケスポットをつなぐ「世 界地図」を作成中。●アナログFM「素人の乱」88・0MHz、メインパーソナリティ。高円寺北中通り商栄会副会長。著書に『貧乏人の逆襲! タダで生き る方法』(筑摩書房)など。

柳田 真さんたんぽぽ舎
柳田 真さん
1940年、愛知県瀬戸市生まれ。高校までを名古屋で過ごし 東京の学校を卒業後、都庁(労働局)に39年間勤める。都庁での労働組合活動と共に、1989年に東京都千代田区に、環境保護と原発廃止をめざす「たんぽ ぽ舎」を友人らと共に作る。「原子力は人類と共存できない」を信念に一刻も早く原発と原爆(核兵器)を廃止する運動に取り組んでいる。現在たんぽぽ舎共同 代表。再稼働阻止全国ネットワーク共同代表。

★この本を材料に、 ご一緒に「33の方法」ワークショップを開きませんか?

原発をゼロにする33の方法のワークショップ募集

原発をゼロにする33の方法のワークショップ募集!!

<やり方は2つ>
① ほんの木代表・本書編者の柴田敬三が、出前講座をしにお伺いします。お問合せは「ほんの木」(tel03-3291-3011)まで。
② 各地で、市民の皆様で、この本をネタに、アイデアを出し合い、原発ゼロを実現させる集いを持って頂ければ幸いです。(本の販売をお願い致します)

◎「原発をゼロにする33の方法」のご購入は ほんの木通販サイト「自然なくらし」からどうぞ

※この記事は、転載・拡散 大歓迎です。また 記事上部の「いいね!」ボタンを押していただけるとうれしいです。つぶやきも大感激です。

ページトップへ戻る

ほんの木

Copyright(c) 2013 ほんの木 All Rights Reserved.